「リファクタリング」とは?

リファクタリング

リファクタリングとは、すでに出来上がったプログラムに対し、プログラムの動きは変えずに読みやすく改善することです。
(あってますか?)

なぜ必要 ?

たいていのプログラムの現場は 納期がタイト であり、時間的な制約の中でなんとかやりくりしている感じです。

「これでなんとかいけそう」というプログラムが出来上がれば、さっさと仕事を終わりにして帰宅したいですよね。

でもやっぱり、 「その時はベター」だと思ってプログラムを書いていても「後から見てもベター」とは限らない わけですよ。

そうやって少しずつ腐っていくコードベースが、いつの日か「機能追加がやりにくくて改修コストばかりが高いプログラム」になってしまったりするんですね。


そういった歴史的背景の少ないプログラムであっても、リファクタリングを細かく行なってコードをクリーンに保つことはとても大切です。

結局「 後からプログラムを見るのは人間なので、人間にとって読みやすいプログラムが最強 」だからです。

帽子を被りなおす

リファクタリング時には「プログラムの振る舞い」を変えてしまわないように細心の注意を払う必要があります。

ついつい「プログラムの改修」と「リファクタリング」を同時に済ませてしまいたくなるのですが、一度にたくさんのことをやろうとするとそれだけ目的意識が薄れ、失敗リスクが高まります。
バージョン管理で変更を把握するのも難しくなりますね。

ですから「一度に一つのことをやる」よう徹底した方が良いです。
リファクタリングの定番本ではこれを リファクタリングの帽子をかぶる と表現していました。

今何色の帽子をかぶっているか?
「今やっていること」をしっかり意識して欲張らない事が大切ですね!


スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク