[エンジニアの辞書]人月とはどのくらい?

人日

人日(にんにち)とは、「一人の作業者が1日かけてできる作業量」を指します。

1日の作業時間は8時間です。

人月

人月(にんげつ)とは、「一人の作業者が1ヶ月かけてできる作業量」を指します。

「1人月」を、具体的に何日とするかは会社によって差があるようです。
目安として「1人月は20人日」とするのがベターだとではないでしょうか。

人月とスケジュールは別

人月を出して見積もりを出すことができても、「人月すなわちスケジュール」ではなく、スケジュールはできるだけ長くなるような調整を行なった方が良いでしょう。

小さな会社では1人日が実際は10時間になっていたりしますが、これはもちろんNGです。
無理なスケジュールを組むんでしまうと結局はエンジニアが疲弊し、会社にもエンジニアににもダメージとなってしまいます。

見積もりは多少頑張ることがあるとしても、無理なスケジュールは絶対に組まないのが鉄則です。

かといって、時間がありすぎても生産性が落ちてしまいます。
このバランスって難しいですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。