「Windowsでいうバッチファイル」をMacで作る

バッチファイルとは

Windows では DOS コマンドを書いて「.bat」 という拡張子で保存しておけば、ダブルクリックで実行できます。

何度も繰り返す処理なんかは .bat にしておくと楽ちんです。

知らなかったのですが、同じようなことが、Mac でもできました。

Mac でバッチファイルを作る

Windows と同じように、コマンドを書いたファイルを 「 .command 」という拡張子で保存するだけです。

.command 実行時、カレントディレクトリを合わせるなど、ちょっとしたコツがあります。


バッチファイルを用意すれば簡単なのに、、、そう思って放置状態タスクをようやく片づけることができました。

小さなことから効率化していきましょう!

ファイル実行後にターミナルが残ってしまうのは、Macの環境設定から変更可能なようです。

参考

Macでバッチファイルを作成する
http://sakuranon.blog.fc2.com/blog-entry-27.html

仕事のコツは 巨人の方に乗る ってことですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク