Q:プログラムって何が楽しいですか

プログラマーの労働環境って悪そう、、、仕事楽しい?

今、転職を考えています。
プログラマの仕事って長時間で冗談が通じるない尖った人たちばかりでキツそうと感じます。

多少キツくても、普段の作業が楽しいならいいのかなって思いますが、プログラムって楽しいんですか?
いきなりやっていっても続けられますか?

プログラムは「世の中を変える」仕事、かもしれない

ちょっと偏見がおありのようですねw
ある程度尖った方入るかもしれませんが、それはどのような環境でも一緒でしょう。

プログラマの通常ワークは、イメージ通りコンピューターに向かってひたすらキーボードを叩くものが多いですよ。
でも、やることがいつも同じではなく変化しますので、知的な刺激がある仕事と言えます。


プログラムとは、私が感じている事をお伝えすると、

クライアントが、世界中のユーザが感じている不満をどう解決するか」というアイデア、思いを、コードで表現する仕事とえます。

大変言語能力や抽象的な思考が必要となります。

世の中はとても複雑です。
複雑なものを複雑なままプログラムすると、おそらく後で読み返すことができないメンテナンス不能なコードを生み出すことになるでしょう。

その複雑さからいかに上位概念を抜き出したり、共通部分を探すなどして、シンプルなものを作り上げていくか。
そういった思考が必要であり、これが大変に知的な刺激なのです。

そして、一プログラマであっても、仕事を通して行なっていることは、単なるコンピューターへの命令を飛び越えて、世の中を変えてしまうような便利なサービスを世に出す可能性すらあります。

そういった「世に与えるダイナミックさ」をかがえると、とても面白い仕事であることがわかっていただけるのではないかと思います。

しかしながら、コンピューターに命令することはとても難しいことで、「なんでこうなるの!!」とイライラし限界を感じることもしばしば。
初心者の方が面白さを感じるまでには時間がかかるかもしれませんね。

プログラムは独学でもできますが、プログラム的な発想ができるガイドの手助けがあるとその道のりは半分にも、1/3にも軽減することができます。

現在は「プログラミングスクール」がとても増えており、オンラインで受講できるものも多数ありますから、ご自身に合ったものを探してみてください。

必ず、元は取り返せますよ。

知名度が高く、安心感があるオススメのプログラミングスクールはこちらです!





スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。