今話題の[転職ドラフト]に登録してみた

転職ドラフト

tdraft
https://job-draft.jp/

転職ドラフトは転職希望者と企業のマッチングです。

転職希望者がスキルや経験をサイトに登録し、企業の採用担当がレジュメをチェックして入札を書けるというもの。
各個人のスキルや入札結果は一般からも閲覧できます。

凄いシステムだ。。。

エントリーの流れ

具体的な流れは転職ドラフトさんのサイトにも掲載がありました。

1 エントリーする
プロジェクト経験などを登録。審査が行われ、審査通過者のみドラフトに参加できます。

2 先行開示スタート
開催に先行して企業にユーザー情報が開示されます。自分が検討中にされたかなど確認できます。

3 開催スタート
開催から約1週間、企業は入札を行います。あなたに指名が入るとメールで通知されます。

4 指名に返答し面談へ
返答期限内に、各指名に返答しましょう。承諾後は自分で企業とやりとりして、面談へ進みます。

入札の承諾

ドラフトに対する承諾率も出てますね。
これは私がチェックした時点の、「第3回」結果に対するの承諾率でした。

  • 1位、株式会社ディー・エヌ・エー47.5%
  • 2位、Kaizen Platform, Inc.38.5%
  • 3位、ウンログ株式会社37.5%
  • 4位、サイボウズ株式会社37.5%
  • 5位、株式会社ミクシィ33.3%

いやこれはリアルじゃね

登録してみよう

ということで私も登録してみます。

job-draft-entry

ユーザ名、E-Mail、password、誕生日のほかに好きなText editorの入力が。。。
それ必要?

登録ボタンを押下すると、入力したメールアドレスにメールが入ります。
メールに記載されているURLを叩いて登録の続きを進めます。

その後の登録手順は3ステップ

  • 1 キャラクター
  • 2 プロジェクト
  • 3 プロフィールという感じです。

キャラクター

job-draft-entry2

あなたのことを教えて下い。

  • 直近で一番やりたいのは
    — 技術を極めたい
    — マネジメント力を挙げたい
    — サービスを作りたい
    — 現場にいたい

なるほど、スペシャリストかマネージャーか、キャリア志向を確認してるんですね。

  • 好きなスタイルは?
    — 一人で黙々
    — みんなでワイワイ

あー、らしい質問

  • 好きな規模は?
    — 小さい会社
    — 大きい会社

  • 水とプログラミングどっちが大事?
    — 水
    — プログラミング

は?

と、こんな質問が並びます。

会社を選ぶ基準、やりたくない分野など回答もあり、「ミスマッチを防ぐ」ための姿勢がうかがえますね。

プロジェクト

プロジェクトは最低2件以上、、、ガチでプロジェクト経験の入力が求められます。

job-draft-entry3

これは経験浅い人には無理だわー、経験浅い人には無理だわー

プロジェクトの概要、担当ポジションなどを入力します。
プロジェクト詳細は100文字以上、、、これはガチで書かないといけません。

これをしっかり描いたかどうかで、たぶん企業の採用担当の認識全然違うでしょうね。。。
プログラマも作文能力が必要ってことです。

プロフィール

job-draft-entry4

アウトプットや現在の企業、、、希望勤務地の入力が求められます。
関東かー、やっぱり関東かー

サクッと入力しましょう。

審査開始

プロフィールを登録したら、転職ドラフトさんの側で審査を行ってくださいます。
見事審査に通ったら、「企業の採用担当者が私のことを争う」入札の舞台に立てるというわけです。

怖いけど楽しみですね、審査。

2017年春、デザイナー版転職ドラフト開催予定!
の文字が、、、

このサービスはさらに盛り上がりそうですね!

自信がない人はまず経験を積もう

経験は大切ですよ。


転職サービスで強いのはやっぱりマイナビさん系列ですね。



勉強するならオンラインサービスが便利!


パーソナルメンターがつくオンラインブートキャンプ
TechAcademy [テックアカデミー]


身近なトラブルの質問には、現役エンジニアがバリバリ質問に回答してくれるテラテイルがおすすめです!