Q:「プログラマが天職」は本当ですか?

Q. 『プログラマーが天職だと思っている』というブクマはリアルな話?

こんにちは。

『プログラマーが天職だと思っている』という匿名ダイアリーがありますが、これって現実の話なのでしょうか。
それとも一部の人だけの話なのでしょうか。

なんかやたらと「プログラマって別に楽しくないけど居心地のいいからおすすめだよ」感がすごいのですが、そんなこれが標準なのかちょっとわかりません。

そんなに楽して働けるんですか?

A. 一部の人にはリアルじゃないかな?

http://anond.hatelabo.jp/20161015175821

上記URLの内容について、インラインで回答いたします。

プログラマーはつっけんどんにマジレスする
他の職種なら「思ってても言っちゃダメだろ」みたいなことでも割りと言う
クソなものに対しクソですよねってある程度は言える
そういうの気にしなくていいの助かる

その人の立場によりますでしょうか。
当然、当たり前で常識的な方のほうが好まれます。

プログラマーにおべっかは必要ない
「俺技術者だぞ」みたいな雰囲気出しておけば、相手のご機嫌伺ったりする必要はあまりない
めっちゃ助かる

そんなことはありません。

プログラマーは我儘だ
我儘にしないと完成しないから、我儘でもなんとか許されている
他の職種じゃこうはいかない

完成を見据えて「仕事終わらせるために妥協点を探る」というのは必要です。
それは「エンジニアのわがまま」とは違う場合が多いのではないでしょうか。

プログラマーの始業は遅い
早くて9時、遅くて10時、前職は11時だった
夜型が多いからだと思う
電車空くし助かる

始業が遅い開始さんが多いのは事実だと思います。
けれども、帰るのが遅ければ意味なくね?

プログラマーはよく遅刻をする
IT業界の遅刻率はかなり高いと思う
夜型人間が多いんだろう
でもそこまで重大な問題にならないケースが多いし
10時始業で9時58分に来たりするのは割りと普通(もちろん会社によるけど)
遅れるときの連絡も軽いところが多いし、家族のことで平気で遅れるし、役所とかも気軽に行ける
自分より明らかに遅刻魔が1人いるから真面目ぶれる(ボトルネックになるけど)
助かる

遅刻多いです。
「結果にコミットすればいいじゃん」と考えていると感じる方がいるのも事実ですが、「信頼」という点で考えるとよい風潮ではありませんよ。

広告やメディア系のお仕事も多く、そういったプロジェクトでは「朝出社しても、お客様の担当者浜田出社していない」ために仕事が進まないようなケースはありますね。

プログラマーは上下関係がゆるい
そもそも上司が居ないパターンも多いから
無能な上司なんかは他の業種よりはお目にかからない
お目にかかったところで1年もすれば別のチームということが多い
それに40代以上の人間がレアだから付き合いやすい(同年代が多いという意味)
助かる

若い技術が多いために一般企業と比較して役員クラスの年齢が若いというのは特徴ですね。

  • そもそも人を選ぶ職業である
  • プロジェクトが変わると人間関係が変わることがある
  • 同世代が多い

この辺りはよくあることだと思います。

プログラマーは面倒くさいコミュニケーションが嫌いな人が他より多い
自ずとチーム内のコミュニケーションが必要最低限になる
飲み会なんて言うのも基本レア
でも、全員がそういうわけではないから、誘ってみると割りと応じる人も居る
つまり好みによってある程度臨機応変にできる
うれしい

飲み会より動画一緒に見るとか、アニソンコンサートとか、そっち系が多い気がします。
もちろん職場によりますが。

プログラマーは大抵一人ではない
プロジェクト内にプログラマーは少なくても2,3人いることが多い
他の役割よりは人数が要るので孤独にはなりづらい
いろいろ助かる

10年くらい前はプロジェクトの規模が小さかったので割と「一人プロジェクトを複数掛け持ち」もありましたが、最近はほとんどないでしょうね。
 

プログラマーにはオタクが多い
全員ではないが、世間一般よりは多い
同僚にヲタネタが通じる
たのしい

よく言えば、こだわりが強い人が多いと言えます。

プログラマーはPCと向き合い、情報を調べるのが仕事の一つだ
はてブとか見てても、仕事してるのかサボってるのか一見してわからない
2ch見てても、仕事してるのかサボってるのか一見してわからない
ニュースサイト見てても、技術情報仕入れてるのかサボってるのか一見してわからない
技術サイトも、見てて面白い
家で調べろとか何故か怒られない
たのしい

ある程度は許容される傾向にあるのは事実。
結果につながるのなら。

プログラマーは必要な情報がネットに落ちてることが多い
書籍を買い漁るということも、最近は意外と少ない
ググる力さえあって、独力で解決できるなら
あまり先輩とかに教えを請うみたいなこともない
というか世界中のプログラマーたちで教えあってるので、コミュニティの境界が会社単位ではない
だから年功によって上下ができずらく、互いに尊重し合える
とても気が楽

「世界中にノウハウがある」のは事実ですね。

また「実際の仕事を見ればかなりその人の力量が分かる」ので、いい加減な仕事をしているとなめられますよ。

 

プログラマーはモノを作る仕事だけど出来高制ではない
ある程度の力で何日稼働したか次第でお給料がもらえる
それなりに頑張ってればそれなりの報酬が得られる
何かがダメだったのでゼロ円とかはない
しかもその仕事がいかにすごいか、いかに大したことないかは、偉い人には通じない
だから偉い人からダメ出しとかもあまり無い(マネージャーやディレクターからはある)
らくちん

出来高制というのは聞きません。
しかし一部では人が在庫として見られ、気持ち的に参ってしまう方がいらっしゃるのも事実ではないでしょうか。

プログラマーはダサい
みんな基本ダサいから、少し身なりを気をつけるだけで周りよりまともに見える
お得

不潔なプログラマは多いです。
 

プログラマーは業務外でもできる
一発当てれば超儲かったりする
夢が広がる

自分の技術は自分のものです。
はい、夢は大きく持てます。

プログラマーは仕事の改善に抵抗がない
新しいツールとかバンバン使ったりする
よくわからん根性論とか無い、理屈が何よりも偉い
スッキリする

根性論を振りかざされることはあります。

新しいツールなどを導入して環境改善を行う意識が強いのは、エンジニアの方が確かに多いですね。

プログラマーには敵が居ない
足を引っ張る味方や、鬱陶しいクライアントは居るけど
競合企業のプログラマーとも、より良いものを作るために情報交換したりする
営業同士、企画同士は流石にアレだけど、プログラマー同士に確執はほとんど無い
胸熱

エンジニア間の仲間意識は強いです。
でも、基本的に皆さんシャイなので、交流が生まれないケースもたくさんありますねw

プログラマーはあまり電話とか受けたりしない
顧客対応とかあまり入らない
あってもメールとかチャット
怒鳴られたり理不尽なことを(他の業種よりは)言われたりしないと思う
やさしい

高給取りですし、普通に考えるとエンジニアに電話対応などをお願いするメリットはありませんよ。

クライアントから直接理不尽な言葉を投げられることは少ないかもしれませんが、理不尽なことがないわけではありませんよね。

プログラマーはいつでもトイレに行ける
腹が痛くなって30分とか篭もれる
助かる

こもる人はいらっしゃいます。

プログラマーの部屋は冷暖房がいい感じ
じゃないとパソコンが壊れるから
快適

気温差は少ないかもしれません。

プログラマーは体力がいらない
指と頭と目とネットだけでいい
楽ちん

普段体力を使うことはありません。
しかし、最終的には体力勝負なところもありますよ。

プログラマーは昼飯が大抵適当
12時に食ってもいいし、14時に食ってもいい、食わなくてもいい、お菓子も食べられる
そういう場所が多い
皆バラバラだからランチメイト症候群もあまり無い
とても自由

職場によります。
お菓子は食べられる職場が多いようです。

プログラマーは転職しても受け入れられる
ブラック企業からはさっさと逃げられるし、別の会社行っても作業内容は大差ない
安心

会社に貢献していたことをアピールできれば問題ないでしょう。
一社をしっかり勤め上げてきたエンジニアであれば、他社に受け入れられる可能性は高いです。

以上
ゴミクズみたいなこと書きまくったけど
普段は割りと真面目な方だよ
ただ、他の職業の人は大変だなぁといつも思うんだ
人間的スキルが足りてない俺にはマジでできる気がしない

どの職業も大変で、どの職業も尊いです。

あなたにとっての理想の働き方を、ぜひ探してください。





IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク